対策開始から3ヶ月後、どうなったか見てやって下さい!

2014年07月29日

腹側・内側の筋肉を鍛える

1EE0786F-0976-4887-A449-3A33C7C1FFCA.jpg
しっかり立つよ〜


こんにちは、りょうです。

引き続き「引き締める」を
取り上げていきます。



O脚で背中側がこっている
腰痛の場合、
背中側、外側の筋肉が緊張し、
お腹側、内側の筋力は低下しています。

今回はまたお腹の筋力アップ、
そして脚の内側の筋力アップで
腰痛改善を目指します。

お腹、お尻、脚の筋肉は
腰を守る役割をするので、
これらの筋力をアップして
腰痛からオサラバしましょう!



片足に体重をかけて立つと、
軸足の内側の筋肉は楽になります。

姿勢悪く座ると、
お腹の筋肉は楽になります。

いつも楽をすれば、
筋力は衰えます。

姿勢は一日中
継続するものですので
立っているときも座っている時も
お腹を締めながら座り、
内側の筋肉を使い続けるのが
正常と言えますので、
これらを意識します。

■立っているとき
・腹に少し力を入れて締める
・脚の内側を使って立つ

■座っているとき
・腹に少し力を入れて締める
・膝の内側に少し力入れて締める


あとはこれらを事あるごとに
思い出して、
緩んでいたら締めます。

座っているときは、
膝の間にクッションや
ボールなどを挟むといいです。

会社でクッション挟んでると、
目立つんですけどね(^_^;)

でも、腰痛なのは皆
分かってると思うので、
大して気にしていない
思っています!



では、引き締めることが
当たり前になるまでやりましょう!


今回も、ありがとうございます!

--------
この記事が参考になれば、僕も嬉しいです。

腰痛対策を情報提供していきますので、
どちらかクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ

他の方の書いた
にほんブログ村 サラリーマンブログ
人気ブログランキング 腰痛ブログ
こちらからどうぞ!


posted by りょう at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 腰痛改善 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。