対策開始から3ヶ月後、どうなったか見てやって下さい!

2014年08月07日

気持ちの揺らぎを想定する

こんにちは、りょうです。

今回は、対策中の
気持ちの変化についてです。

これを想定すれば
腰痛対策するにも
また違うと思いますので、
取り入れてみて下さい!



腰痛改善を始めて
2ヶ月が過ぎました。

後から振り返ると短いんですが
改善に取り組んでいる最中は、
2ヶ月と言っても
長く感じていました。

対策を続けても、なかなか
変化を感じられなかったから
でしょう。



ストレスを感じました。(ー ー;)

頑張ってるのに
何で結果が出ないんだ!

なんて思います。

少し良くなって喜んでいても、
週末に子供を抱っこしてると
また痛くなるので、

ぬか喜びか!変わってない!

と思います。(^_^;)



これには少し苦しめられました。

ちょっと良くなったときに
叩きつけられたように感じて
面白くなかったですね。

腰痛の状態の変化と感情は
こんなイメージです。

6D10D89C-AEA6-4AE6-8973-4021FEBE1908.png



もともと想定していたことは、

・筋肉が関わるから3ヶ月はかかる
・結果はなかなか出ない
・良くなったり悪くなったりする
・飽きたり諦めたくなったりする

この辺ですが、
腰痛の状態のアップダウンが
予想以上に激しくて
なんだかんだ揺らぎました。

これはいろいろなことに
当てはまると思います。

また一つ、経験になりました!



感情の揺らぎも想定すれば、
改善していくときの全体像が
より鮮明になって、
実際の改善につながるでしょう!

今回も、ありがとうございます!


--------
この記事が参考になれば、僕も嬉しいです。

腰痛対策を情報提供していきますので、
どちらかクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ   




posted by りょう at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 治すための思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。